​呑川緑道の集合住宅 / Nomikawa Flat

「12の搭状建物と横断する住戸」

​緑道から続く私道奥の突き当たり袋小路上状の細長い敷地。建物は12本の塔で構成され、その隙間に挟まれた複数の階段により各住戸別の経路を通る。床レベルがまちまちでとうのつらなりにより場がつくられる。地上のアプローチから各住戸内部を抜けテラスや屋上に至る複数の道筋は、渦を巻くような動き(回遊性)を生み空間構成と連動する。すべての部屋が4面に開口をもち角部屋の連なりでできている

ditail

竣工:2011.06

計画地:東京都世田谷区

用途:共同住宅 15戸

敷地面積:331.97

建築面積:181.66

延床面積:497.79㎡

構造:RCラーメン構造

規模:地上4階

​撮影:鈴木 研一

掲載:新建築2012.02,LiVES.59