駒沢の家/ House in Komazawa

敷地は私が58年前に丸5年通っていたかつての保育園である。

今に至るまで、縁あって通っている思い出深い土地です。周囲の家は、時代を経て、敷地分割が進み、より小さな家に建て替わっていったが、ここだけは当時の面影のまま、分割せずに残る。比較的大きな建屋を、周囲の小さく建て替わった建物の様々な屋根形状を集めた「断片の集合体」のようなカタチで構成し、間口の広い敷地にあって、周囲と折り合いをつける幅広のファサードのあり方を提示した。内部は可能な限り大きく中庭をとり周囲を回遊できる計画としたが、かつての保育園の記憶(丘や樹木、木のトンネル、坂道などいろいろな場所があるイメージ)が影響を与えたかもしれない。

detail

竣工:2018.04

計画地:東京都世田谷区

用途:二世帯住宅

敷地面積:290.68

建築面積:171.84

延床面積:303.13㎡

構造:木造