Gridie

​街道沿いに建つ51戸の賃貸集合住宅。最大容積を与条件として、建築規制内最大気積のボリュームを縦横に分割し割り振られた住戸毎に場所に応じて快適な住環境が得られることを念頭に計画した多彩な住戸の集合体。同時に、共用部を「立体路地」と見立てパブリックな外部をテーマにしている。また旧街道に対して「大きな立面」「住戸の集積」をいかに表現、構成するか?という課題に対し、街道の坂の勾配とカーブを意識し、スラブのクランク、各住戸の多様な既製アルミサッシ、グリッド状のルーバーが、レイヤを重ねるように層を構成し、周辺との連続性、車との関係に対応したファサードを形成した

ditail

竣工:2012.02

計画地:東京都大田区

用途:共同住宅 51戸(S棟26戸、N棟25戸)

敷地面積:725.60

建築面積:504.92

延床面積:2241.42㎡

構造:RCラーメン構造一部鉄骨造

撮影:西川 公朗

掲載:新建築2012.08,ディティール 195号,LiVES.62,ブレーン2012年1月,ブレーン2012年3月,BRUTUS 722